ステアリングラックブーツ修理

今月は第4回目のオフがあります。

ちょっと距離があるので点検をしていましたら不具合が見つかりましたよ。パワステのラックブーツがパックリと割れてます。しかも左右両方とも。

ミン友さんでも同じくしてブーツ破損されている方が居られました。

その記事を読んで、うーん、うちもそろそろかもねぇ。でもまさかなーと思ってたんですがしっかり割れてました。

この季節はこういう症状は出やすいですね・・・。

しかし、私のプレのパワステシリンダーは不思議にもまだ1回もオイル漏れを起こしていません。この車で唯一手を入れて無い箇所がパワステシリンダーです(^^;

もしかすると、入手する直前に修理したのかと予想しているのですが、それでも20年近く経ってますから、これは私からすると脅威の耐久性でございます。素晴らしく精度が良い組み合わせなのかな?なんて思ってます。

さて、ブーツ破れを見つけた時は日曜日だったので、とりあえず応急処置をして部品入手まで凌ぎます。

P2070123

ビニールを筒状に切り、蛇腹の谷で縛って固定。 結構これでも破れずにもちました・・・。

でもですね、やはりと言うか左は廃番で、右はだけは純正品番変更で入手可能と言う有様。

53534SA5951⇒品番変更⇒53534-SB4-305

左側はどうしましょうか・・・。

径を測って汎用かマルチサイズっていう手段もあるのですが、マルチサイズってお高いみたいだし車体側に干渉すると言う情報もあり断念。

うーん。社外品を仕入れるのはちょっと間に合わなさそうなので、右側で両方やっちまうかと2つ注文。

 

さて、翌週末作業。

いやいや、寒いです。チョー寒いです。ちょーさむでーす(by レッツゴー三匹、長作)

ツナギ、インナー、ネックウォーマー、ニット帽、マスクの完全防備で作業に挑みます。

で、取り寄せたパーツはこれ。

P2070120

まずは右側。

こんな感じでやぶれてます。

P2070106

上:新品 下:破れたパーツ

形状は問題ないようです。若干細いのかな・・・。

ラック本体側。劣化したグリースが付着しています。

P2070107

思ったより破れによる被害は無いようです。

ラック側に洗浄剤を入れる訳には行かないので、控えめに洗浄。

P2070114

グリースを充填してから新品ブーツを装着!

P2070115

完了。

当然ながらちゃんと付くので簡単でございます。

さて、問題の左側にかかります。

当然ながらラック側径がぜんぜんちゃいます。

P2070125

左:ラックブーツ左側、右:新品右側用

どうしますかね。

色々考えた挙句、やっぱ繋ぎ合わせるしかないと決断。

蛇腹は縮む事はあっても延びる側に引っ張る力はほぼ掛からない。

ドラシャフブーツ程激しくないので、なんとかなるかな?

まずは、ラック側部分を旧パーツだけに切り取り、逆側に長さをあわせて新パーツを切り出します。

P2070132

パンク修理用のマルニ工業トルエンゴムのりで溶着してやろうかと考えましたが・・・、確か買っておいた筈なのに、あの緑の缶が見つからない・・・。

うーん。買ってきてもいいんだけど、態々買ってくるのもなんなので、手元に有ったシリコンシーラント(黒)で接着。

これでも結構しっかりついているのですが、念の為に革用の縫い糸で革製品のように縫い合わせます。

その際、強く縛るとゴムがきれてしまいますので、布を同じくシーラントで表裏に張り合わせた状態で縫い合わせます。

IMG_5058

縫い合わせたときの写真を取り忘れたのでご勘弁。

ちくちくと30分程掛けて1週縫い合わせました。・・・疲れる。

やってる間中、「やっぱゴムのりの方が良かったかな・・・・」と後悔しながら黙々と縫い合わせました(–;

か~さんが~よなべ~をして、らっくぶ~~つあんで~くれた~~♪

・・・もとい。

縫い合わせたその上からまたシーラントでコーティング。

一晩乾かして完成。

P2080133

ちょっと汚いけど、性能は抜群?!

P2080134

裏もしっかりコーティング

まぁ、こんなもんかな。破れなけりゃ良い。

そして装着

P2080136

P2080135

結構良い感じに付きました。

アライメントはネジの締め付け数を覚えておいたので、その分戻して装着。大体合っているでしょう。

走行も問題なし。まぁ、何れかのタイミングで4輪アライメントを取り直す予定です。

さて、ブーツの状態は、暫く走ってその都度確認してますが今の所問題ありません。

どこまで持つかな・・・。

 

今回の費用:53534-SB4-305 ステアリングラックブーツ(右側)×2=2,700円也

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


SPAM Lockout System. Ver4.25