インフォメーション フォーラム FAQs EACVのトラブル対策顛末記

このトピックには4件の返信が含まれ、2人の参加者がいます。3 年、 11 ヶ月前tomo tomo さんが最後の更新を行いました。

5件の投稿を表示中 - 1 - 5件目 (全5件中)
  • 投稿者
    投稿
  • #3341 返信

    sho5

    前期100系SI 異常コード14

    症状:EGチェックランプ点灯、リセットしてもそのうち点灯する。
     アイドリング不調、ハンチング等の症状なし。

    何を思ったのか、O2センサーだと勘違いして突っ走っていたのです。
    O2センサーを外し、ハンディバーナで炙って発生電圧の変化をみる簡易テスト
    では、二つのセンサー共に0.9V程度まで上昇するので正常なんじゃないか?

    異常コード14はO2センサー異常で間違いないのかな?
    という疑問でtomoさんにヘルプしたところ、EACVじゃないかという指摘。
    数点のチェック項目とともにマニュアルURLをいただく。

    前期型コード表
    http://prelude.tomsword.com/manual/6-97.jpg

    そして診断チャート
    http://prelude.tomsword.com/manual/6-126.jpg
    http://prelude.tomsword.com/manual/6-127.jpg

    すっかり忘れていたが、EACVは2年前に分解しているなあと思い出し、
    今度は闇雲に分解せず、チャートに沿ってチェック。

    結果、EACVの端子間抵抗値に異常あり。
    正常値8~16Ωに対し、
    16Ωのときもあれば、96Ωや開放のときもあり、「EACV故障」にて
    チェックシートは終了。
    念のため記すと、この数値の変化は動かしては測りを繰り返したものです。

    結局、また分解しましたが、今回やったことは2点のみ。
    エア通路は前回の分解で清掃済みだったので、今回はまったく汚れなし。
    シリコンスプレードライタイプをたっぷり吹き付けるだけ。蛇腹カバー
    が邪魔なので、とにかくたっぷり。

    もう一点、温水通路を分解してしまったが、ここのガスケットが純正設定
    されているとも思えず、液体パッキンで封印が必要に。
    最初はユニバーサルブルーというヘッドまわり用を使い、2日乾燥。
    しかし、試運転であっけなく溶けてクーラント漏出でNG。
    ただ、少なく見積もっても5年は経過しているものなので、新鮮ならOKかも。

    結局役に立ったのは、ホムセンで売られているシリコンシーラント。
    水周り用と瓦用がありますが、高温耐久性は瓦用に一部の利があると思った
    らちょうど使いかけたものがあったのでラッキーです。これも乾燥2日。

    シリコンシーラントはクルマには使いどころが多いですよ。
    例えば、サーモスタットに紙パッキンを使っているときは、こびり付いた紙
    をはがすのがけっこうたいへんですが、シリコンシーラントならスパッと剥がれます。
    ただ、ある程度の厚みを確保するためには、半硬化してから合体したほうが
    いいでしょうね。

    以上で終わりですが、あら不思議!それ以降概ね1000Kmエラーは出ません。
    バルブの動きが渋かったところにシリコンスプレーぶったかけが効いたとか。

    みなさまの参考になれば幸いです。

    #3342 返信
    tomo
    tomo
    キーマスター

    作業お疲れ様でした。
    詳細なレポート有難うございます。参考になります。

    EACVって直るものなんですね~。
    今までいくらやっても直らなかったので、今度発生したらシリコンスプレー攻撃で対峙したいと思います。

    確かに液体パッキンは重要ですね。
    3M製となになるととんでもなく高額なので躊躇する所ですが、
    家庭用でも用途を選べば使えるんですね。

    最近私、シリコンコーキング(ガンタイプ)を多様しています。
    勿論、熱のある所では使えませんが、安くて下手な接着剤よりも強力にくっ付いてくれるので重宝しています。

    #3343 返信

    sho5

    EACVはなぜ直ったか?
    私にもわからないのであくまで想像です。

    ジャバラが邪魔でよく見えませんけど、一本通っているシャフト
    はウォームとピニオンを構成しているように(想像で)見えました。
    洗浄だけじゃとれなかった引っかかりがなくなりスムーズに動く
    ようになった。  とか。

    #3663 返信

    sho5

    その後の状況を自己追記
    EACVエラーがまた頻発するようになりました。
    しつこくやった清掃や潤滑ではダメなようで。

    そんな折、数点の部品が必要になったので、在庫状況問い合わせの際にEACVも確認したら”在り”とのこと。
    税抜き16,600くらい。エイヤッ!と入手しましたがまだ替えていないので完治の確認は未ですが、解決したものと楽観的。
    それより問題は恥ずかしながらフロント周りの物理的ダメージ。

    12月中ごろの在庫問い合わせ結果(抜粋)
    前期バンパー無塗装44,000くらい鈴鹿に3つ。中古を入手。
    ウインカー・ポジションまわり一部は在る。必要部分はないのでebayでUSEDを入手。
    その他の必要な部品もも含め入手確率は20%くらいですね。

    しかし寒さに負けてダメージ修理できず、2月の集会は残念ながら不参加表明です。

    さて、tomoさんメンテナンスのステアラックブーツ、私は3年前に入手できたのですが、3年の年月は大きいですね。
    しかし対応の発想と工作力には驚きます。

    #3803 返信
    tomo
    tomo
    キーマスター

    また見落としていました。
    レス遅くなってすいません~(><

    EACVは単純な構造なんんですが、やっぱりデリケートなようですね・・・。
    値段もお高いのでなかなか厄介な個所ではあります。
    作業お疲れ様でした。

    ありゃ。
    フロントの物理的なダメージって、ぶつけられたのですか・・・?

    ステアラックブーツですが、縫い合わせは大変でしたが結構簡単に作れましたヨ(^^
    耐久性も結構良いみたいです。おそらくは車検も大丈夫だと思います。
    お試しください(^^

5件の投稿を表示中 - 1 - 5件目 (全5件中)
返信先: EACVのトラブル対策顛末記
あなたの情報: