インフォメーション フォーラム FAQs 防錆について

このトピックには2件の返信が含まれ、2人の参加者がいます。5 年、 2 ヶ月前 T.S さんが最後の更新を行いました。

3件の投稿を表示中 - 1 - 3件目 (全3件中)
  • 投稿者
    投稿
  • #2908 返信

    T.S

    2回目のユーザー車検を完了しました。

    車検整備で下回りに潜って目視すると、2年前に吹いた防錆塗料のNoxdolがそれなりに、
    効果継続していました。(一部剥がれていたので、吹き直しました。)

    (ただ、3000円ちかい塗料も、300円位のシャーシブラックも効果はあまり変わらない気もします。)

    今後も出来るだけ長く維持したいと思うので、防錆について、

    ここで、聞くのが適切なのか非常に悩んだのですが、
    他に質問できる場所を知らないので、

    ご意見頂ければと思います。

    防錆に対抗する方法として、いくつかの有効な塗料が存在してくれていますが、

    マフラーなど一部のパーツには、高熱になるから等の理由で塗ってはいけないと
    指示されている部品があります。

    また、自分の車のエンジンオイルパンやオートマチックトランスミッションには
    シャシブラックなどの塗料は塗られていなかったので、噴いてはいけない理由があるのかと思い、噴いていません
    にもかかわらず、、何故か錆びていません。

    また、
    以前キャリパーのオーバーホールのためにブレーキを分解した時、ピストンもブレーキシリンダー内部も
    かなり錆が来ていました。
    ブレーキオイルは金属を激しく痛めるときいているのですが、シールしてあれば酸素に触れないから
    大丈夫なのか?
    ビストンやシリンダ内部に何らかのさび止め塗料を塗ったとしたら、
    (極端な話し、シリンダ内部にシャシブラックを噴いたりしたら。)
    ブレーキの機能が阻害されるような気もします。

    仮にピストンの錆をペーパーで落としても、メッキが剥がれてまたすぐに錆びてしまう気がします。

    マフラーや以下の部品について、防錆したい場合には有効な手段はあるのでしょうか?
    なにか、出来る処置があるのでしょうか。

    下回りエンジン下部オイルパン

    オートマミッション下部

    マフラー全部(防熱板バッフルプレート含む)

    ブレーキピストン

    ブレーキシリンダー内部

    ブレーキピストンについて調べたら、こんな答えもありました。
    http://okwave.jp/qa/q7294829_2.html#answer

    防錆塗料は塗らずにグリスを塗れ、
    錆びたら交換しろ、・・・ってことでFAなのでしょうか。部品あるのかな・・・。

    マフラーも外して耐熱塗料を塗れとか、錆びたら交換しろとか、気安く言ってくれるなぁ・・・。

    http://first-rise.net/sabi.html

    #2909 返信
    tomo
    tomo
    キーマスター

    シャシブラック塗装の定義としては、今まではサスペンションアーム、メンバーは鋼鉄を使用している事が多いので、実際にさびている個所を防錆する意味で塗装しています。タイヤハウスは泥水、融雪剤等の塩分から守るためのものです。それから、ボルトへの黄色チェック等も合わせれば車検時にちゃんと整備しましたよ~と言う検査員へのアピールにもなります。どこへ塗ればいいかと言う事はありません。

    昔、海上輸送の輸入車なんかは防錆の為に下回りマフラーも含めて全部にオイルのようなものがべったり吹き付けられていたりします。納車もそのままなので、熱で煙や焦げる臭いがする事もありましたね。

    最近はシャシブラックではなくシャシクリアなんてのもあるぐらいなので、防錆であればなんでもいいのではないかと思います。
    ただ、全部真っ黒って気味悪いので、マフラーなんかは耐熱シルバーで塗装分けをする事もあります。折角のカラフルなショックなんかに吹き付けられた日にゃ、ユーザさんからは迷惑がられると思いますし。

    エンジン、ミッション等は元々がアルミ合金なので錆びないので塗りませんが、オイルパンは塗ります。私も塗ってます。

    マフラーについては、エキマニ以外であれば塗装が溶ける心配もないので太鼓部なんかはシャシブラックで良く塗ります。これも私は黒を吹いてます。

    ブレーキ回りはブレーキフルードが水分を吸収して劣化するので錆びてきます。錆びないようにするには、ブレーキフルードをコマメに交換、O/Hするのがいいのではないでしょうか?まぁ、最低でも車検時には交換するのが普通ですが、これを怠ると錆てきます。グリスなんて塗ってもエア抜き作業やピストン摺動で殆ど流れ出てしまうと思います。酷い錆が出来てしまった場合は研磨しても危ないだけなので、諦めて交換してください。外側部分はどうしても泥水が掛るので、避けようがありませんね。外側の錆は多少出ていてもここは研磨メンテナンスしても大丈夫です。(程度がありますが・・・)

    兎に角、下回りはオイルやグリスの付着が無く綺麗にしておくのが一番ですね。
    オイル付着は万病の元です。

    #2910 返信

    T.S

    大変丁寧な説明ありがとうございました。
    参考にさせて頂きます。

3件の投稿を表示中 - 1 - 3件目 (全3件中)
返信先: 防錆について
あなたの情報: